Sheet2

表2 機体のセッティング例              
               
デュアルレート/他 ※1 移動量 ディファレンシャル時 エキスポネンシャル 備考  
エルロン キックアップ時 上下 16mm 下 13mm ※2 LIN ディファレンシャル(30%)  
キックダウン時 上下 14mm 下 11.5mm ディファレンシャル(20%)  
※3 エアブレーキ時 上 10mm フラッペロン上(UP60%)  
エレベーター キックアップ時 上下 11mm ※2 LIN    
キックダウン時 上下 9mm    
※3 エアブレーキ時 下 0.8mm エレベーター下(D15%)  
ラダー キックアップ時 左右 34mm ※2 LIN    
キックダウン時 左右 28mm    
モーター(アンプ) ※4 モーターラン スロットル開度30〜100% 動力飛行時  
モーターOFF スロットル開度4〜29% ソアリング時、モーターはブレーキON  
※3 エアブレーキ時 スロットル開度3%以下 着陸又は高度処理時  
※1 移動量は最大可動位置での実測値              
※2 例題機はリニアのセッティング、好みにより多少加味すると良い              
※3 エアブレーキはJR PCM9Xフラップシステムのオートランディングモードを使用              
※4 スロットルカーブ機能を利用し、モーターはスロットル開度30〜100%間でのみ使用              
重心位置 : 主翼中央部前縁から55mm(メーカー推奨値は58±5mm)  
機体重量 : 1,895g(3セル2,200mAhリチウムポリマー電池使用時、バランスウェイト 75g含む)              
注)無線機の違いによる混乱を防ぐため可能な限り実測値で示しています。実測できない部分に              
  ついてはJR PCM9Xの名称や%を使用しています。              
  実際の設定に当たっては、ご使用になる無線機の取扱説明書に従って下さい。              

更新日 09.1.29
名前 tom kohsaka